No.a4fhc511

作成 1996.12

 

世界中の反ユダヤ活動を監視する
「ADL」

 

 

●アメリカにおけるユダヤ団体は数百とある。その中で「全米ライフル協会」と並ぶワシントン最強のロビイストと言われるのが「AIPAC」(アメリカ・イスラエル広報委員会)であり、もう1つがこの「ADL」である。

「ADL」の正式名称は「ユダヤ名誉毀損防止連盟」である。

 


「ADL」のシンボルマーク

 

●ADLは130年の歴史を持つユダヤ人国際結社「ブナイ・ブリス」から豊かな財政支援を受けて生まれた団体で、1913年に設立された。ADLは全米に25、カナダに2つの地方事務所を持ち、人事・コミュニケーション・教育・都市問題・社会問題・宗教及び法律の各分野の専門家を含む300人の職員を抱え、各地のコミュニティに代表が何百人もいる。

ADLの初期の活動はもっぱら純然たる偏見や人種的悪意を粉砕することに向けられていたが、現在ではイスラエル支援を前面に押し出し、シオニズムに対して批判する者たちや反ユダヤ主義を唱える者たちへ圧力をかけている。


●1967年、イスラエル観光省が1200人もの外人記者をイスラエルに招くことによって、アメリカのアラブ空爆に対する批判的なニュース見出しを訂正させようと決定したとき、ADLはジャーナリストをリクルートしただけでなく、補助金を出してツアーまで催した。ADLは、一貫してその「非営利機関」の郵送料割引きの便宜を利用して、1967年の6日戦争のときや、それ以来あらゆる機会をとらえてやってきたように、イスラエルの宣伝出版物をばらまいた。

ADLの元職員、ソール・E・ジョフツはこうした同胞たちの不正活動を法廷に訴えた。そしてほぼ4年間にわたって弁護士たちが判決を阻止しようと努力したにもかかわらず、最高裁まで持ち込むことに成功した。しかし、慈善用の非課税基金がイスラエル関連の政治的、ないしはそれに近い性格のプロジェクトに転用されるという現状は変わることがなかった。


●元CIA幹部であったビクター・マーケッティは、ADLについて次のように語っている。

「アメリカにおけるADLの力はすごいものがある。ADLはどのような人にでもしかるべき地位や仕事を与えることができ、逆にそこから引きずり下ろすこともできる。また企業をも成功させることも失敗させることも自在にできる。今日のウォール街はADLやいわゆるユダヤ人新興勢力のなすがままになっている。アメリカ国内に張り巡らされたユダヤ組織網を使うことで、ADLは議会のメンバーを文字通り当選させることもクビにすることも好きなようにできる力を持っている。マスコミの人達も、ADLとADLを支持する人々におびえながら仕事をしている」



●シオニズムに反旗をひるがえしたユダヤ人ジャーナリスト、ポール・ゴールドスタインとジェフリー・スタインバーグは、その著『ユダヤの告白』の中でADLについて包み隠さずその内情を述べている。

 


反シオニズムのユダヤ人ジャーナリスト
ポール・ゴールドスタインとジェフリー・スタインバーグ

 

「ユダヤ人が非難されるたびに『反ユダヤ』と叫ぶような組織を作ることで、ADLの考案者たちはユダヤ人に向けられた非難の内容を覆い隠し、正当な非難と正真正銘の反ユダヤ主義との区別をあいまいなものにしてしまおうとした」

「ADLは、今日アメリカやヨーロッパ、ラテン・アメリカの全てのユダヤ人社会にその触手を伸ばしている。この組織は多くの地方の弁護士会を組織することによって、また州および連邦裁判所の判事の選任に影響力を行使することによって、アメリカの司法機構のほとんど全てに多大な影響力を与え続けている」

 

 

 


▲このページのTOPへ





 HOMEに戻るINDEXに戻る

Copyright (C) THE HEXAGON. All Rights Reserved.