No.A7F_hexagram

作成 1998.2

 

六芒星(ダビデの星)について

 

 

「六芒星(Hexagram)」は、正三角形(△)と逆三角形(▽)を組み合わせた図形で、

上向きの正三角形(△)は「能動的原理」を表し、下向きの正三角形(▽)は「受動的原理」を表わします。

それは、陰と陽、光と闇、プラスとマイナス、上昇と下降、柔と剛、火と水、創造と破壊、拡張と収縮、右回転と左回転、顕在意識と潜在意識、男性性と女性性…、といった相対するエネルギーの象徴であり、

この2つの正三角形(△と▽)が合体した「六芒星」は、「相対するエネルギーの調和」という意味合いを明確に表現しています。

 

 

「六芒星」は、一般に「ダビデの星」とか「ユダヤの星」とも呼ばれていますが、

西洋では古くから「魔除けのシンボル」として使われ、錬金術においては、この図形は「真の知恵」を授けてくれる「賢者の石」を象徴しています。

 


イスラエルの国旗

この旗は、1891年にシオニズム運動の
運動旗としてユダヤ人ダビデ・ウルフゾーン
(リトアニア出身)が考案したものです。

 

ところで、大自然界には「六角形(Hexagon)」の形状がよく見られます。

雪の結晶は、非常に美しい六角形の花模様をしています。ミツバチの巣の穴も六角形です。

その他に、カメの甲羅や、蝶やトンボなど昆虫類の複眼、細胞やウイルスの世界でも六角形を見ることができます。今を時めくフラーレンやナノチューブなども六角形の世界です。

 


↑下段中央の“謎の物体”はトンボの「複眼」の拡大写真です。
六角形の「個眼」が隙間なくびっしりと並んでいます。

※ 昆虫の眼は多数の個眼が集まった複眼で、個眼の
それぞれがレンズと光を感じる視細胞を持ちます。通常、
昆虫の複眼は数百〜数千個の個眼からなりますが、
トンボにおいては1万〜2万個にも及びます。

 

「六角形」は、大自然界の秩序に適合した形(力学的構造)で、最も安定した力(パワー)を発揮するともいわれています。

「六角形(六角柱)」を並べた構造はとても強く、「ハニカム構造」と呼ばれて新幹線や飛行機などの構造体にも使われています。

「ハニカム」とは英語で「蜂の巣」という意味。

 



↑ハニカム構造

 

ちなみに、形而上学・神秘学の世界において「6」という数字は

「調和と安定」を表す数とされています。

 


「6」という数字の神秘については↓この本が詳しいです(^^)


『六角形の超パワー』
南條優著(徳間書店)

 

 






【 前の部屋に戻る(RETURN)】


休憩室
宇宙研究室
WAR 研究室
秘密結社研究室
東欧ユダヤ研究室
古代ヘブライ研究室
第2国際問題研究室
第1国際問題研究室
 
総合案内所
…………