No.a4fhb713

作成 1998.2

 

「ウクライナ民族絶滅政策」と
ウクライナのユダヤ人

 

 

■■ウクライナ民族絶滅政策


●革命後の旧ソ連政府は、農民をうまくコントロールするために農民を集団化したが、この農場集団化政策に対して最も頑強に抵抗したのがウクライナ人であった。

スターリンは、ウクライナの民族主義者、インテリ、集団化政策の反対者、そして彼の権力にとって脅威であると見放した者は誰でも抹殺した。豊かな土壌に恵まれたウクライナではあるが、課せられた収穫高の達成は困難で、さらに当局による厳しい食料調達に耐えられず、不満を表明する動きが現われた。また、農村部は民族主義者達の溜まり場であるとして目をつけられていた。

真っ先に教育のある地方エリートが攻撃目標となり、何百人もの作家や学者たちが告白を強要され、監獄や収容所へ送られた。独立ウクライナ教会の関係者も同様に弾圧の対象となった。当局の政策を批判したかどで100万人のウクライナ人が粛清され、1000万人がシベリアのタイガでの森林伐採、極寒地での白海運河建設の為に連れ去られたという。


●スタニッツァ・ボルタフスカヤという人口4万人の村は、食料調達に応じる事が出来ず、村の住民が丸ごと追い立てられた。男子は白海運河建設へ、女子はウラルのステップ地帯に送られ、離散を余儀なくされたのであった。

 


スターリン

 

●さらに恐ろしいことに、スターリンは彼らを完全屈服させるために、1932年から1933年にかけて、ウクライナに人為的飢餓を起こすという作戦「ウクライナ民族絶滅政策」を実行。ウクライナ国境を封鎖し、農民から家畜、収穫物、穀物、その他の食糧を取り上げてしまったのだ。

農家には食糧が届かず、村から移動することすら禁じられた。中には農村を逃げ出そうとして捕まって殺された者も出た。食糧を没収された農民たちはジャガイモで飢えをしのぎ、鳥や犬や猫、どんぐりやイラ草まで食べた。遂に人々は病死した馬や人間の死体を掘り起こして食べるに至り、その結果病死していった。通りには死体が転がり、所々に山積みされ、死臭が漂った。このようにして世界史上最大規模の悲劇が起こったのである。


●イギリス、カナダ、スイス、オランダなどは、国際連盟や国際赤十字を通じて、ウクライナ飢饉に手を打つようソ連政府に要請が行われた。しかしソ連政府は頑として飢饉の存在を認めず、存在しない飢饉への救済は不要という一点張りだった。政府が飢饉を認めるという事は、ウクライナ農民に譲歩するということであり、5ヵ年計画の成功を宣伝し、国際連盟加盟、西欧諸国との不可侵条約締結等、外交的に認められようとしていたソ連としては飢饉を認めるわけにはいかなかった。国際政治の場での名誉失墜は避けねばならなかったのである。

最終的に600万ものウクライナ人が餓死した。これは全ウクライナ人口の2割が殺されたことを意味した。ソ連政府はこの事件をずっと否定し隠蔽し続け、世界に公式に認知されるのはずっとあと1970年代以降である……。

 

■■ウクライナのユダヤ人 ─ アイデンティティ調査


●『赤の広場』などの著書で知られる旧ソ連生まれのユダヤ人エフ・ニエズナンスキーは、1986年に日本の雑誌『中央公論社』の対談で、ソ連のユダヤ人問題について次のように語っている。(なお、彼はモスクワ大学を出て25年間にわたり司法界で活躍したが、1977年に旧西ドイツに亡命した人物である)。

「ソ連政府は、ユダヤ人をウクライナ人と結婚させる同化政策を取って、ユダヤ人がソ連社会に溶け込んでいくようにすることを考えていた」


●ユダヤ学の第一人者としてられるユダヤ人ツヴィ・ギテルマンは、ウクライナのユダヤ人について次のように述べている。

「ウクライナは、300年間におよぶ反ユダヤ主義とポグロムに結び付けられた。反ユダヤ主義とポグロムとは、1648年のフメリニツキーの乱と1734年のハイダマキの暴動に始まり、1880年代、1905年から6年、1918年から21年のロシア内戦、1939年から41年の西ウクライナにおけるユダヤ人攻撃、それにウクライナ人のナチスに対する大規模な協力にいたるまで続いた」

「『寄留者』意識が強いユダヤ人は、ロシアよりもウクライナに多いようである。ロシアのユダヤ人は主流文化に完全に組み込まれているが、ウクライナのユダヤ人は、政治的に認められていないロシア語をウクライナのロシア人と共有している。ロシアのユダヤ人は最近まで政治および経済で非常に傑出していたが、ウクライナのユダヤ人は実質的に政府の権力の座には存在していなかった。また、経済面でもそれほど目立っていなかった。ロシアのユダヤ人は自分の国の政治にウクライナのユダヤ人に比べて遥かに関わっている」


●このことは数字にも表れている。1970年から97年にかけて30万8500人のユダヤ人がロシアから国外移住したのに対し、ウクライナからは42万2000人が国外移住した。しかも、ロシアのユダヤ人の人口の方がウクライナのユダヤ人の人□よりも半世紀の間幾分多かったにもかかわらずにである。

 


ウクライナのユダヤ人女性

 

●1992年に、ロシアおよびウクライナで行われたユダヤ人のアイデンティティに関する調査によると、ユダヤ教を信仰することがすなわち「ユダヤ人である」と回答した者は、わずか3%しかいなかったという。ユダヤ性を構成するどのような要素がロシアとウクライナのユダヤ人にとって重要かを明らかにすることを求めると、回答者は誇りと帰属意識、知識よりもむしろ情緒に焦点を向け、信仰とか知識はユダヤ人であることにとっては重要だとは考えられていなかったという。

このように、回答者のおよそ半分は、自分自身のユダヤ性を「誇りにしている」、ユダヤ性を「隠さず擁護している」、それにホロコーストは「忘れない」といった項目を選択したが、ほとんど誰ひとりとして、ユダヤ人にとって不可欠な要素が「宗教上の決まり──安息日あるいは食事の決まりを守る、シナゴーグに参加するあるいは男の子に割礼を施す──を遵守すること」であると信じてはいなかったそうだ。多くの人はユダヤ人であるためにはユダヤ教を信仰しなければならないという考えを拒否していたという。

ロシアのあるユダヤ人回答者はこう言ったという。
「ユダヤ教は知るべきですね。でも信仰する必要はありません」


●かなり多くの人にとっては、ユダヤ人であることの唯一の必要十分条件は、自分自身をユダヤ人であると感じること、あるいは「自分の精神にユダヤ人を感じる」ことであるという。血縁や宗教などに基づくユダヤ人の定義は必要ないという。

ウクライナのある年老いた女性はきっぱりとこう言ったという。
「ユダヤ人であれば誰だって自分がユダヤ人であることを知っていますよ。ただそれだけです」


●また、何人かのウクライナのユダヤ人にとって、「ウクライナでは、ユダヤ人であることは追放された人間」だという。あるユダヤ人回答者は、ユダヤ人であることは「生涯、犯してもいない罪のために罰の重い重荷を背負うことである」と信じていたそうだ。また、ある人は次のように言ったという。

「ユダヤ人であるということは、ユダヤ人性が永遠に存在するために苦しむ、迫害され、追われ、また殴られる集団に属していることである。私はそのひとりであることを誇りにしています」



●ところで、ドイツのボンの近郊に、ウクライナから出てきたロシア人たちが多く住んでいるところがあるが、その中の長老格の人物にユダヤ人の出国問題について、「旧ソ連の人びと、なかでもロシア人やウクライナ人は、国内にいるユダヤ人が聖書のいっているユダヤ人ではなく、元はハザールという民族だということを知っているか?」と質問すると、彼はただちに次のように答えたという。

「彼らは皆そのことをよく知っています。聖書のユダヤ人というのはアブラハム、イサク、ヤコブの子孫であり、神の選びの民ということになるが、旧ソ連のユダヤ人はなんの関係もない人たちです。あなたのいうように彼らはハザール人であって、いまから千年前中央アジアにいた人たちのことです。それもボルガ川のカスピ海に注ぐ河口付近の町、アストラハン(イティル)がその中心地でした。ご存じと思いますが、カスピ海はかつてハザールの海とよばれていたのです」

 


ウクライナのロシア人たちは、この地に住むユダヤ人たちの
ルーツが「ハザール」であることを熟知しているという

 

■■「チェルノブイリ原発事故」の悲劇


●ウクライナは歴史的な悲劇が重なる場所である。

1986年4月26日、ウクライナ北部のチェルノブイリで世界を震撼させた大事件が起きた。「チェルノブイリ原発事故」である。ヒロシマの数百倍といわれる放射能を大気中に放出し、今でも広大な周辺地域は汚染地域と指定されたままである。

 


1986年4月、ウクライナ北部のチェルノブイリで
原発事故が起き、世界を震撼させた

 

●この「チェルノブイリ」とはロシア語で「苦よもぎ」という意味であるが、

「苦よもぎ」といえば欧米人たちがすぐに思い出す言葉である。それは『ヨハネの黙示録』に出てくる言葉だからである。

「第3の御使いがラッパを吹き鳴らした。するとたいまつのように燃えている大きな星が天から落ちてきて、川の3分の1とその水源に落ちた。この星の名は『苦よもぎ』と呼ばれ、川の水の3分の1は苦よもぎのようになった。水が苦くなったので、その水のために多くの人が死んだ。」(『ヨハネの黙示録』8章10節)

 

 

 


▲このページのTOPへ





 HOMEに戻るINDEXに戻る

Copyright (C) THE HEXAGON. All Rights Reserved.