No.a3fhb401

作成 1998.4

 

「日ユ同祖論」に関する注意事項

 

 

●「日ユ同祖論」について、いろいろな誤解があるようなので、新たにこのファイルを作ってみました。


●最初に注意して欲しいのですが、正確には「日ユ同祖論」という表現は正しくないといえます。

なぜならば、日ユ同祖論者が問題にしているのは主に「日本人とイスラエル民族」の関係であって、「日本人とユダヤ人」の関係ではないためです。

(「イスラエル民族」=「ユダヤ人」ではないのです。「イスラエル民族」>「ユダヤ人」です)。

 



↑イスラエル12支族の各シンボルマーク


 

●「イスラエル民族」とは厳密には「12支族で構成された連合集団」を指しており、そのうちの1支族である「ユダ族」を中心とした末裔が後に「ユダヤ人」と呼ばれるようになったのです。よって、「日ユ同祖論」を総合的に考察(研究)する場合、正確にはユダ族(ユダヤ人)だけに話を限定するのは正しくないのです。

混乱を避けるために、とりあえずは、ユダ族を除いたイスラエル10支族だけで話を進めることも可能です。


●しかも、現在世界にいる「ユダヤ人」のうち90%以上はアシュケナジーム(白人系ユダヤ人)といって、本来のユダ族(ユダヤ人)とは直接関係のない人たちです。もちろん、中にはオリジナル・ユダヤ人と混血した人もいるでしょう。しかし、それはごくごく少数にすぎません。彼ら白人系ユダヤ人の大部分と、日本人のルーツが同じであるはずがありません。

また、現在の「ユダヤ教」は、『タルムード』を中核に据えた「新ユダヤ教」というべきもので、古代のヘブライの宗教(原始ユダヤ教)とは異質なものです。


アシュケナジーム(白人系ユダヤ人)の実態については、
当館4F「東欧ユダヤ研究室」をご覧下さい。


●こういう点をあやふやにして、全てのユダヤ人を結びつけた「夢物語」を語る日ユ同祖論者がいます。

この手の日ユ同祖論者の話は、1人でも多くの仲間を求めるユダヤ人には心地よく響くかもしれませんが、そこに政治的・宗教的な思惑が絡んでくると、日本人にとっては迷惑な話になる場合があります。たいていこの手の話は、ユダヤ人たちが日本人に対して「ユダヤ教への改宗」を勧めるというパターンが待ち構えています。日本人のユダヤ化です。

こういったこともあって、古くから次のような言葉をよく耳にします。

「『日ユ同祖論』はユダヤ人による陰謀である──」と。

確かに、日ユ同祖論者の中には、露骨ではないものの、シオニズム賛美の人がいるようです。シオニズムの延長線上に、ユダヤ人と日本人の「再会(統合)」を夢見ている人がいるようです。こういう方たちは、ユダヤの「終末思想」と「選民思想」に毒されているといえます。



●このように、日ユ同祖論といっても、唱える人の性格によって様々に分かれます。

親シオニズムの人が日ユ同祖論を唱える場合もあれば、反シオニズムの人が日ユ同祖論を唱える場合もあります。「日本こそが古代ヘブライの伝統を受け継いだ正統イスラエル国家(極東イスラエル)である!」と主張する人もいるようです。

いずれにせよ、注意しないといけないことは、現在のユダヤ人を全てひとまとめにして、日本人と血統的に結びつけようとすると、大きな問題が生じてくるということです。また、行き過ぎた「選民思想」(+終末思想)にも注意しないといけません。


「日ユ同祖論」と表現するよりも、「日イ同祖論」(日本と古代イスラエル民族)や

「日ヘ同祖論」(日本と古代ヘブライ人)、

もしくは「ヘブライ人渡来説」と表現したほうが適切かもしれません。

しかし一般には「日ユ同祖論」という表現のほうが定着しているので、当館では便宜上「日ユ同祖論」という表現を使用していきます。

 

 

 


▲このページのTOPへ





 HOMEに戻るINDEXに戻る

Copyright (C) THE HEXAGON. All Rights Reserved.