ナチス・ドイツの闇

 


ヒトラーとナチスの黒い背後関係を探る


── 知られざるナチ・コネクションの実態 ──

 
ナチスとアメリカ企業の協力関係
        ■読む■        
 
ナチスとスイスの協力関係
        ■読む■        
 
シュローダー男爵と
ダレス兄弟の暗躍
        ■読む■        



↑黒マントをなびかせるヒトラー

※ この独裁者の背後には、不気味な
「国際金融資本家」たちが存在していた

 
ドイツの独裁者ヒトラー
アメリカの極秘文書が伝える
ヒトラーの意外な素顔
意外にも評価が高かった
初期のヒトラーの政治手腕
 ヒトラーの反ユダヤ政策(年表) 
 
国際金融資本の暗躍
ユダヤ人とドイツ諸侯の結びつき
~「宮廷ユダヤ人」の実態~
ヒトラーに逮捕された
ウィーンのユダヤ人大富豪
ルイス・ロスチャイルドの秘話
イギリスのロスチャイルド家の
代理人チャーチル英首相の反撃
 必要のない戦争をしたチャーチル 
~第二次世界大戦の開戦秘話~
ヒトラー暗殺未遂事件と
第三帝国内の裏切り者たち

 


 

── ナチズムと世界的なエリート主義者たち ──

 
ナチス・ドイツの
「優生政策」の実態
        ■読む■        
 
ナチスとアメリカの
「優生思想」のつながり
        ■読む■        
 
アメリカでくすぶる
白人至上主義勢力の実態
        ■読む■        



KKKの儀式の風景

 
ナチスと秘密結社
    「ナチ党」のルーツ    
「スカル&ボーンズ」と
ナチ・コネクションの実態

 


 

── ナチ残党の潜伏と戦後世界の裏面史 ──

 
南米に逃げたナチスの残党
~ナチ戦犯者とナチ追跡者たちの暗闘~
        ■読む■        
 
ナチス・ドイツの科学技術を
奪い取った連合軍
        ■読む■        
 
ヒトラーの「究極兵器」と
「マインド・コントロール計画」
        ■読む■        


 
ナチスの残党とCIA
ナチスの残党と
CIAの危険な関係
 米CIA、ナチス・アイヒマンを 
知りながら隠し通す
~米機密文書で明らかに~
南米チリに築かれた
“ドイツ人帝国”の実態
南米の麻薬マフィアと
CIAの危険な関係

 


 

── おまけ情報 ──

 
「ヒトラー逃亡」説の実態
~ヒトラーの死にまつわる数々の疑惑~
        ■読む■        
 
ベラスコの告白
~ナチス地下組織と広島原爆の秘密~
        ■読む■        


第二次世界大戦中にトップ・スパイとして活躍し、
敗戦直前までヒトラーとともに地下官邸で過ごしていた
というベラスコ。彼が言うように広島原爆はナチス製だった
のだろうか?(もし本当だとしたら恐ろしい話である)。

この原爆開発の舞台裏について、当館は独自に下の
ファイルを作ってみた。参考にしてほしい↓

 
アメリカの原爆開発計画と
「原爆ホロコースト」の実態
        ■読む■        
 
「ナチス製原爆」の謎
        ■読む■        

 


 

── おわりに ──


正直、このページは当館の情報不足(研究時間不足)のせいもあって、
満足のいく状態に仕上がっていません。中途半端なままです。そのため、
このページの内容に物足りなさや難しさを感じる人は少なくないでしょう。

中途半端な情報では、かえって訪問者の頭を混乱させてしまう恐れが
あるので、とりあえず下の本を紹介しておきたいと思います。
当館が説明できなかった部分をかなり補ってくれて
いるので、大いに参考になると思います。


『アメリカはなぜヒトラーを
必要としたのか』菅原 出著(草思社)

 

── 本の内容 ──

1920年代からソ連邦の崩壊にいたるまで、アメリカの外交戦略には、明確なパターンがあった。それは「共産主義に対抗するために独裁者を援助し、育てる」というものである。この最初にして最悪の例がヒトラーのナチスだったといえる。

第一次世界大戦で敗北したドイツが、十数年後にはヨーロッパを席巻する軍事大国になれたのは、ブッシュ大統領の一族など、アメリカ政財界の親ナチス派の援助に負うところが大きかったのだ。

戦後、この親ナチス・エリート集団は、反共工作のために各国の独裁者、麻薬王、そしてイスラム過激派とも手を組んだが、多くの場合、最終的にはみずからが育てた独裁者たちと対峙することになった。

本書は、アメリカ外交の舞台裏で暗躍したこの黒い人脈にスポットライトをあてる、きわめて刺激的なノンフィクションである。

 
アメリカ同時多発テロ事件と
ナチ・コネクション
        ■読む■        
 
「ロックフェラー 対
ロスチャイルド」説の研究
        ■読む■        


── 関連書籍など ──

 

ネオナチへの潜入
あるジャーナリストの闘い

ハーケンクロイツ
ネオナチの刻印
 




【1つ前の部屋に戻る(RETURN) 】


休憩室
宇宙研究室
WAR 研究室
秘密結社研究室
東欧ユダヤ研究室
古代ヘブライ研究室
第2国際問題研究室
第1国際問題研究室
 
…………